意外と悪くない熟女風俗

なぜ風俗に惹かれる自分がいるのか

なぜここまで、風俗に惹かれる自分がいるのか。その答えは自分でもよく分からないとしか言えないんですよね(笑)つまりはもはや理屈ではないと思うんです。遊びたい気持ちになったから遊ぶ。ただそれだけなのかなって思うんですよ。つまりは本能で楽しんでいるものなので、なかなか理屈だけで説明するのは難しいんじゃないかなって思うんです。だからこそ、風俗の良さを言葉で説明するのは、自分には難しいのかなって思っています(笑)自分がもっとボキャブラリーのある人間であれば言葉で説明することも出来るのかもしれないんですけど、ボキャブラリーがある方ではないだけに、風俗の良さは各々自分で感じてもらうしかないのかなと(笑)でもそれでも十分なんじゃないかなと。男であれば、風俗の良さは言葉にするのではなくて、自分なりにもっといろいろなことを楽しませてもらっているので、体に刻み込まれているって解釈して、いつも楽しませてもらっています。

頼らないからこそ風俗

女の子という存在との距離感は人それぞれでしょう。自分の場合、かなり遠いです。まず、職場は男が圧倒的に多いです。女の子は事務員くらいなものなんですけど、縁故枠なので、むやみに手を出そうものならどこのお偉いさんの娘か分からないという危険をはらんでいるんですよ(苦笑)実際、事情を知らずにむやみに手を出して左遷された社員も知っていますしね。つまり、ほぼ男の職場と考えて良いでしょう。だから女の子の存在はとても遠いんです。だから女の子と遊びたいなって思ったら、まずは女の子との接点から作らなければならないんですけど、それは面倒じゃないですか(笑)そんなことに頼っていられないというか、本当に面倒だなって思うので、女の子と楽しみたいのであれば風俗で抜くのが一番かなって思っています。その方が何も考える必要はありませんし、風俗で遊んだからと言って左遷になった人間はあまりいないんじゃないかなとも思いますからね(笑)