意外と悪くない熟女風俗

工夫とはバレないためのもの

さすがに妻がいる身で風俗で遊ぶのは警戒というか、バレ無いようにという気持ちを持つのは当たり前です。どうすればバレないように考えるのかは、最低限の礼儀です。アイドルが裏では彼氏とよろしくやっていても表では「男が苦手」と言うのと同じような原理ですね(笑)だからこそ、風俗で遊ぶ時にはバレないことが大前提です。バレる話は体験談を見て勉強していますが、自分も気を付けなければならないとなって思っているのが匂いです。匂いは目で見えないじゃないですか。風俗に行くとシャワーを浴びるし、その際にボディソープを使うので、その匂いで妻に勘付かれるってパターンが多いんですよね。さすがにこれは盲点と言うか、女としての第六感のようなものですよね。だから匂いが付かないようにってことは本当に警戒しています。でも体にはどうしても匂いがこもりますので、シャワーを浴びなくても良い風俗とも言うべきピンサロにするか、それとも出張で帰宅しない時ですね。

美人ってだけでいいんですよ

風俗で遊ぶ際、美人ってだけでいいんです。他には何もいりません。美人であればそれだけでこっちも勝手に楽しみたいって言うか、前向きな気持ちになっているじゃないですか(笑)風俗では相手とのコミュニケーションが大切だってことは良く分かっているつもりですけど、この前の彼女くらい美人であればコミュニケーションとかそういった次元じゃなく、こっちがかってに楽しもうって気持ちになっているんですよ(笑)男を勝手にそういった気持ちにさせるってだけでも彼女のテクニックですよね。それだけ素晴らしいというか、彼女だからこそ出来ることなんじゃないかなって思うんですよ。それだけでもこっちからすれば十分なんです。一緒の空間に居て、一緒の空気を吸っているってだけでも満足なんです。だから自分の満足度という点では想像以上のものがあったかなって。期待以上という点では彼女の存在はそれだけで刺激的なものになったんじゃないかなって思いますね。